Fandom


(修改错误内容)
(のび太の名場面への転送)
 
1行: 1行:
* ドラえもん短編第44巻第10話『のび太の名』(8頁、52コマ)
+
#REDIRECT [[のび太の名]]
* 小学三年生1977年1月号『のび太の名场面』(8頁、52コマ)
 
'''[要約]''' のび太は朝早く起きて、ドラえもんを困惑させた。 混乱したのび太が誤ってゴミ箱を落とした。 ドラえもんは大雄にほうきを与え、ゴミを掃除させた。 のび太は何が起こっているのか理解していなかった。
 
 
亡くなったおじいちゃんは、のび太さんが日本一の子供だと言って驚いたことをほめたたえ、今後ももっと頑張るように励ました。 これはのび太を深く感動させました。
 
 
のび太が真実であるかどうかを証明するために、のび太はゴミを掃除する時まで故意に戻った。
 
 
のび太はそんな動きのあるシーンを見て、カメラとレコーダーで撮影した。 静香はまた、ジャイアンとスネ夫がこの感動的なシーンを見に行ったと知らされました。 ジャイアは恐竜を見たい、スネ夫は未来を見たかった、静香はお弁当を持ってきた。 のび太は、これらのものよりも良いシーンを見るために彼らを連れて行きました。
 
 
 
 
のび太は他の誰かの家に到着した後、時間と場所が間違っていることに気付きました。
 
 
 
 
しかし、ジャイアン、スネ夫、そして静香は、その場面を聞くやいなや怒って帰りました。 のび太は他の人の庭を掃除するために一人にされた。
 

2020年8月8日 (土) 16:55に更新

  1. REDIRECT のび太の名場面
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。