ドラえもん Wiki
Advertisement
  • ドラえもん短編第36巻第14話『オバケタイマー』(9頁、65コマ)
  • 小学五年生1985年6月号『オバケタイマー』(8頁、58コマ)


[要約]

ジャイアンは遅れたことで罰金を科され、のび太は「これも本当のことだ」と述べた。 ジャイアンは遅刻がのび太から伝わったと不満を漏らし、のび太はそれを信じなかったため、のび太を打ち負かした。

大雄が帰宅するとすぐに、彼は母親から批判された。

ドラえもんは宿題を5分でやるようにアドバイスしました。 のび太は突然目覚まし時計のモンスターに怯えたので、宿題をしました。

ドラえもんの小道具「オバケタイマー」であることがわかりました。

のび太は「オバケタイマー」で母親を怖がらせ、ジャイアンを怖がらせるためにそれを使用しようとしていましたが、突然、目覚まし時計はジャイアンの母親から送り返されました。

のび太は真夜中に目覚まし時計で目覚めたので、ジャイアンに報復した。 ジャイアンはアラーム時間を午前7時に設定します。

意外にもジャイアンは遅れなかったが、のび太は遅れた。

Advertisement