ドラえもん Wiki
Advertisement
  • 『ドラえもん深読みガイド』(未収録)
  • ぴっかぴかコミックス第13巻第7話『ジャイアン乗っとり』(59頁)


[解説] ジャイアンの魂が眠っている間、ジャイアンに乗り移ったのび太の魂の命令に従って、ジャイアンの身体は「ゴリラの真似」をした。そして、スネ夫に対しても、そのジャイアンは「おれに会うたびにあかんべえをしろ」と告げている。

ゴリラ:現地語で「毛深い女」の意。オラン・ウータン科の類人猿。マウンテン・ゴリラは最大の霊長類で、立ったときの身長は雄が1.5~2mほど、雌はそれより小さい。体重は雄が180kg、雌はその三分の二ほど。毛色は真っ黒だが、成雄は背が白くなり、シルバー・バックと呼ぶ。中央アフリカのザイール・ルワンダ・ウガンダの国境のあるヴィルンガ山地にだけ棲息(広辞苑による)

Advertisement