ドラえもん Wiki
Advertisement


[解説]ジャイアンの引退コンサートは二時間半続いた。まさに、拷問の連続であったが、みんなは「これが最後!」、「くじけるな!!」と、励まし合って耐え抜いた。ドラえもんが「ジャイアンコンサート、めでたく歌いおさめです」と締めくくると、ジャイアンは盛り上がっていないことに気付いて、逆に、「では盛大な拍手にこたえてアンコール」と言い出した。スネ夫は「このままもえつきたほうがいいのでは…」、ドラえもんも「一分間時間をください、やめるように説得します」と奮闘している。怒り狂ったジャイアンはひみつ道具の『拍手水増しマイク』の入った花瓶を「グシャ」と踏みつけたので、マイクのスイッチがプラスに入ってしまった。「ドーツ パチ パチ パチ パチ・・・」といった盛大な拍手に、勇気づけられたジャイアンは「おれ、もう二度とやめるなんていわない」と宣言し、木の箱でできている舞台で、「ジャイアンの歌は永遠です」と両目にいっぱいの涙をためながら、絶叫した。(37)

「ジャイアンの歌は永遠です」というフレーズは、巨人軍長嶋選手が現役のプレーヤーを去る時に残した名フレーズ「我が巨人軍は永久に不滅です」のパロディ版である。  

Advertisement