ドラえもん Wiki
Advertisement

ドラえもんを作った博士は『ドラえもん』派生作品に出てくるキャラクター。その名のとおりドラえもんを作った人をさす。

関連設定[]

原作漫画および作者本人の描いた設定資料に「ドラえもんを作った博士」という個人は登場しない。これはドラえもんがマツシバロボット工場でライン製造された製品であることにちなみ、なんらかの目的により単独で個人を特別に作るということはないからである。のちに作者が決定版の映画として承認した『2112年ドラえもん誕生』でもこの設定が引き継がれている。 thumb|190px|製造哆啦A夢的博士(大山版)

登場[]

大山版[]

方倉陽二による派生作品『ドラえもん百科』ではそのような人物が出てくる。当初ドラえもんには振るのを忘れたままのオイルを使ったため、上澄みの薄いオイルが使われ(濃いオイルはドラミに使われた)性能がよくならなかった──と説明しながら登場した。しかもドラえもんはしばしば故障するため、ネコ型ロボット定期健診の際には補償として個人的に助けている。

その後このキャラクターは大山版の特番『びっくり全百科─ドラえもんとドラミちゃん』に出てきており、みんなが未来の国へやってきた時にみんなのために兄弟の違いを解説した。

このキャラクターおよび造形は台湾の模倣作品『のび太と精霊世界』・『のび太の模擬地球』で採用され、彼にはルイという天才の孫がいることも設定された。

ところが1995年公開の『2112年ドラえもん誕生』にて、ドラえもんは工場の大量生産で誕生したことへと設定改変。作者がこれを「最終確定版」とする声明を外へ向けて出しため、ネコ型ロボットに単独個人の製造者がいないことを示す証拠となった。

thumb|left|190px|製作哆啦A夢的博士(水田版)

水田版[]

2007年8月31日放送「ドラえもんが重病に?」ラスト部分と9月7日放送の特番「ドラえもんが生まれ変わる日」のアニメにおいて、別の「ドラえもんを作った博士」が出てくる。

彼も科学者の一人だが、最初に方倉陽二が設定した博士と異なり、ドラえもんを作った工場─マツシバロボット工場の工場長(責任者)である。すなわちドラえもんが工場で大量生産されたとする設定も採用しているのだが、工場長の設計者としてのキャラクターが強調されている。ドラえもんは設計不良であり改造して作り直したいと彼は考えており、長年にわたり探していた。病院でドラえもんを見つけると医者の手からかつてを奪い去り、やっと見つけたと言ってドラえもんを捕らえる。その後、大捕物を繰り広げた彼はドラえもんを工場の改造部屋へ連れ帰り、外界との連絡を閉ざす。最後には2人に最後の別れを許したが、そこでのび太との激情を見てしまう。彼は自分が完璧を求めすぎたあまり、まさにロボットが子どもを楽しませるという設計の初心を忘れていたことを認め、ついに放棄することを決める。

この工場長は特番の「決定! 心に残るお話30」に再び出てくる。

水田版でのこのキャラの声優は菅原淳一。

しかしながら2014年の「ドラミが生まれた日」で初期設定の博士が再び登場した。

公式の博士とは異なるデザイン[]

公式の博士は、2112年ドラえもん誕生に登場する、ロボット学校の校長先生である。

それとは異なるデザインで、海賊版では書かれていたことが多く、出版社ごとに異なった。

象印出版社の博士[]

「鉄腕アトム」のお茶の水博士似ているのが不思議です。

おそらくモデルになったのは、お茶の水博士なのかもしれません。

お茶の水博士.png

青文出版社の博士[]

オリジナル大長編での登場回数が案外多いのが特徴です。

モデルが誰なのかは、僕は知りません。

知っている方は編集してください。

042.jpg

青文出版社に登場する博士は、のび太の精霊世界とのび太の模擬地球(画像は、三畔雑誌より引用)では異なります。

元ネタをご存じの方は編集してください。

222 010016s.jpg

Advertisement