ドラえもん Wiki
Advertisement
  • 『ドラえもん深読みガイド』(収録、49,157頁)
  • てんとう虫コミックス・短編第32巻第18話『しずちゃんさようなら』(180頁)


[解説]のび太は放課後、先生から「そんなことじゃろくなおとなになれんぞ!!」と厳しく説教された。のび太は、しずちゃんがほんとうに幸せになれるのなら、分かれるのがベストであると考えるようになった。ひとりがけの上から町を見下ろしながら、そうしたことを考えていると、出木杉に声を掛けられた。のび太は出木杉の両腕をしっかり握り、「きみはいいやつだ。きみなら幸せにできる」と言い残し、両手で目をおおい、「ク、ク、ク・・・」と嗚咽を漏らしながら、その場を走り去った。 

Advertisement