ドラえもん Wiki
Advertisement


[解説] のび太のママは小さい頃オッチョコチョイであり、「およめさんごっこ」をしていると、「紙芝居」が来たので、お母さんの指輪をおっ放り出して、駆けつけている。

紙芝居」とは、物語の場面を連続的に描いた絵を順次一枚ずつ出して劇的に説明するものであり、飴売りなどが客寄せに街頭などで演じた。戦後間もないころの子どもたちにとって、最も楽しい娯楽のひとつであった。 

Advertisement